呑気な母と娘さん

塾無し中学受験体験記/たまに趣味や息抜き

長女の希望する学校基準がどんどん上がっている件について・・人間関係と母の考え方とか・・

 

ついこの間、長女とのやりとりで起こった出来事。

“いやねぇ、そうねぇ、そんな素敵な学校があれば母も問答無用で入れさせてあげたいのよ・・”というのが母の気持ち。

それこそ“レベルが高い”って言ってくれた方が(偏差値関係なく)、検討しやすかったが、“いじめがない”となるとそれこそ運ですよね・・というか、難易度過ぎる問題よ・・。

 

そもそも長女が何故こんなにもいじめに関して敏感なのか。

ittan.hatenablog.com

以前自己紹介でも書いた通り、四年生に進級してから結構学校で友達間でのトラブルに巻き込まれたり(全部ではないけど)、グループの間で喧嘩が勃発しその仲裁役になったり・・グループ内で板挟みになっていることが本人にとって辛いようで・・。けど、みんな仲が良い時は楽しいから嫌いじゃない様子。長女はあまり好き嫌いで人を選ぶ傾向ではない感じなので母は見守っているが、うーん10歳の壁っていうのかなぁ・・なんか話を聞いているとそんな感じかする。女子って男子に比べると心の成長が速いから、そういった仲間内でのトラブルも案外速いんだよねぇ。

 

とりあえず母の考え方として、長女の話をよく聞き否定はしない。アドバイスはするけれどなるべく関与はしない主義。子供たち同士でのトラブルはなるべく自分たちで考えて乗り越える力を身に着けてほしいので、暴力などが無い限り見守る主義。あまりにもひどい時(それこそ言葉の暴力が加速した場合)は、まず学校を通して相談をする。

実際三年生の時、男子からの言葉の暴力で先生に協力をしていただいたこともあり、それからはまず担任の先生に相談をするというのを徹底しています。

 

まぁ、実際長女の口から「死にたい・・」なんて聞いたらいくら呑気な母とはいえ、流石に呑気でいられませんからね・・当時は本気で焦りました・・汗

 

私たち親(大人)からしたら些細な一言でも子供からしたら大事なんですよね。これは大人になるにつれて薄れてくるんですけど、人間関係で絶対言ってはいけないのは「そんなの大したことないじゃない!」って言ってしまうこと。

これは色々な考え方で言う親が多いと思いますが、どんな考え方でも"大したことない"と言ってしまうと子供は"所詮言っても受け入れてくれない”とマイナスに察知し本音を言わなくなります。どんな思いや考え方でも“大したことない!!”、"そんなこといちいち言わないで自分でなんとかしなさい"と言い、軽く受け取ることは控えてほしい。特に女子の児童期~思春期は注意してほしいなと日々感じるのです。

 

小学高学年になると反抗期も起こりえる時期。中々子供から話しかけてくれなくても、"困ったときはいつでも相談してね"というスタンスで親は構えていると、"いつでも味方がいる"と子供も安心します。我が家の長女はまだ四年生なのでそういった反抗期はありませんが、母はいつでも構えているつもりです。

 

実際、私の児童期~思春期は母に相談できずにいました。常に怖い存在で、家にもあまりいなかった。どうやって接すればいいのか距離感がわからず、機嫌を伺って言えなかったり・・。それが実際大人になっても引きずり、母になった現在も苦労しています。

とまぁ、私自身がそういう経験をしてきたので、なるべく子供たちにはそういう苦労はさせたくないというのもあります。過保護になるつもりもないけれど、けど"いつも見守っているよ"っていう安心スタンスは保ちたい、そんな感じですね。

 

話は戻り、我が家の学区内にある公立中でいじめがあるとかないとかそういった話を同級生からよく耳にするらしく、長女の中で「絶対中学受験をしたい!○○中には行きたくない!!」という絶対公立中には行きたくない!!気持ちが根付いちゃって・・。3年の3学期に担任が「(学区内公立)中は成績の低い生徒を中心に授業を進めていくから~」というような話を長女は聞いてたため、最初「レベルの高い学校に行きたい!」と中学受験をなぜ受けたいのかの理由がそれだったんですけど、最近は同級生同士で中学校の情報交換をするようになってから“いじめ”のワードをよく耳にするようになったんでしょうね。そして今回の回答です。

 

母も今年PTAをやっている手前、保護者の方からの情報も耳にすることがありますが、大なり小なりいじめがあるのは知っていたため、長女自ら中学受験を希望することに反対はしませんでした。けど、やるからには最後まで貫き通してほしいなという気持ちもありますが、最初からそれを言ってしまうとかえって親の強い期待と圧力になってしまっては元も子もないのでそこは言いませんでした。

 

なので長女の中で今現在学校を選ぶ基準は、

“女子中でいじめがない学校”(←けど最近共学校も気になり始めている様子)

 

とはいえねぇ・・

難しいよねぇ・・

 

だって私立中だからって必ずしもいじめがないかと聞かれたら・・んまー100%無いとは言えないよね・・。それこそ公立中すべてにいじめがあるわけでもないし。もしかしたら長女の代は無いかもしれない。けどこればかりは運としか言いようがない・・としか言えないかも・・悩

 

ひとまず対策はしつつ・・。

長女と一緒に長女が“ここだ!”とする学校を一校でも見つけ出してあげられるのが今、(勉強以外で)母がやるべき課題なのかなぁ。

 

12歳~18歳の最高6年間を共に過ごしていく学校ですもの。母も可能な限りサポートに専念したいと思います。ま、疲れちゃうから適度にね・・。

情報量が多すぎて私の頭ではうまくまとめられなかった・・

と、最初に申しておきます・・。

 

ということで土曜日、桜蔭学園文化祭へ行ってきました。

もうね一言で「素晴らしい」これに尽きた・・。

 

なんでしょうか、終始別世界に居る気分なんです。いや大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にどのプログラムも大変素晴らしく、普段中学受験校に興味を示さない夫も珍しく圧倒されてしまうほどでした。終いには分析までし出すし・・笑

 

とまぁ、とっても長く急な坂を上っていくと大勢の参加者であろう人、人、人の列!!

悪天候の中、生徒さんや先生方、警備員までお声かけして私たちを歓迎してくれました。まずその人の多さに圧倒されたよね・・そんなこんなで無事受付も終わり校内を回ることに。

 

まず社会科部に入ると、名作映画やアニメ、ドラマの映像作品を観覧しつつクイズに挑戦。その作品一つ一つが凝縮された内容で読むのが楽しくなるほど。ディベート実演見学がしたかったけど、長女が「他の教室行きたい」というので渋々諦めることに。アンパンマンの暴力的主題を夫と私は聞きたかったです(今更ながら後悔しています・・笑)

料理部のクッキーアイシングアートも可愛かったなぁ。一年を通した四季折々の作品もあって長女も一つ一つを楽しそうに見ていました。そして放送部に興味のある長女はDJ実演を見学することに。好きな曲を流しながら“この歌詞はこうでああで・・そんな情景の事を表しているのでしょう。”とDJがひとフレーズずつ説明して聴かせてくれました。ものすごく楽しそうにやってる生徒さんの姿をみて長女は「もっと硬いイメージがあったけど、全然みんな違うんだね」と(良い意味で)ここで肩の力が抜けたようでした。

そして手芸部。これがプロ顔負けの作品が教室いっぱいに展示してあって長女が「私、桜蔭に入ったら手芸部に入る!」と言い出す始末。“あれ、放送部じゃないの?”と言いたかったけど、そこをグッと堪えたのはここだけの秘密・・笑

入口から入ると素敵な洋服やウェディングドレスが目に入り一つ一つ丁寧に仕立てているのです。"やっぱり勉強ができる子ってなにやっても上手いんだな・・"と母の私もジーっと見るほど素敵な作品がいっぱいありました。最後素敵なお土産もいただき、長女はバッグに付け、私はデスクに飾っています♪

 

その後次女が人の多さに疲れてしまい少々愚図り始めたのでここからは父と次女、母と長女で分かれて見学。

 

長女は「サイエンスに行きたい!」というので早速サイエンスストリートへ。

そこにはまさにサイエンスの楽園(語彙力よ・・汗)長女は早速物理部のロボット班に夢中。その一つ暗号理論を使いロボットが文字を書いてくれるという次世代体験をしてきました。生徒さんが「何を書きたいですか?」と聞いてくれたので長女が「(自分の名前)!」をリクエスト。生徒さんと一緒に一生懸命暗号を確認しながらボタンを押してロボットに名前を書いてもらっていました。次女の分もお願いしたところ快く受けてくださったので次女の分も長女にお願いして二人分いただいてきました。いやはやLEGOで出来ているとはいえ一つ一つがとても密接に出来ていて物理に疎い私でも(むしろ苦手だった・・)ジーっと見ちゃうくらい難易度の高い物でした。他もありましたが故障中や調整中だったり、とにかく人も多かったのは致し方ないにしてもロボット班の作品だけでも見る価値はありました。

 

そして生物部。映像ではありましたが、長女はカエルの解剖に夢中。母も教えられるところだけ解説しつつ二人で噛り付くこと20分(笑)解剖映像がやはり人気で人も多かったのですが、席がひとつあったので長女に座らせよう思った矢先、私たちを見ていた生物部の生徒さんがすかさず道を開けてくださりまたわざわざ受付の椅子を持って「よかったら座ってください」と母にまで椅子を用意してくれるその気遣いがとても素晴らしくすごく気持ちよく観覧することができました。母の簡単な質問にも丁寧に答えてくださり、小さなことかもしれませんがその気遣い本当に素晴らしいかったです。ありがとう。

 

その後、残り時間もそこそこだったので地下へ移動。長女の行きたがってた花道部と書道部へ。

花道部へ入った瞬間マスク越しでもわかる素敵な花の香り!一つ一つの作品がとても素敵ですごく癒されました。最後にお土産もいただいて次は書道部です。

長女は年長から書道教室へ通っていますが、入った瞬間「え、すごい!!」と食い入るように作品に目を通してました。「中一なのにこんな上手いの!?」と長女びっくりするような達筆な作品もたくさんあって、生徒さんの作品を見ていい刺激になってくれればいいなと母は願うばかりです(切実)。

最後しおりをいただいたのですが、沢山の中から選ぶことができずにいた長女に私から生徒さんに「お姉さんのおすすめのしおりはありますか?」と尋ねたらちょっとびっくりし少し考えた後すぐ「あ!これどうですか?初めて書いた詩です。試験勉強にもいいですよ」と百人一首の中でも初めての詩のしおりを渡してくれました。粋な計らいです。その後、次女のもいただいていいかと言うと笑顔で「どうぞ!」と言ってくださったので選んでいるとその生徒さんが「ではこちらはどうですか?二番目の詩です」と次女用に選んでくださり渡してくれました。

私は結構人に「お姉さん(お兄さん)のおすすめはありますか?」と聞くことが多いのですが、ここまで粋な計らいをしてくれた方は初めてでした(お世辞抜きで)。なもんで母感動しちゃって・・。いやはやもう丁寧で素晴らしい生徒さんでしたね。こんな私たち親子のために本当にありがとう!

 

そして終了まで後15分というとこで急いで東館へ。西館を中心に回ったため、東館だった天文気象部と科学部の事を後回しにした結果時間が無くほんの少ししか見学ができなかったけど、最後少しだけ実験を見て帰ってきました。

 

場所がわからず西館の近くにいた生徒さんに天文気象部の場所を尋ねると、「私天文気象部なんです!ぜひ見に来てください!」と笑顔で言ってくださり、「後10分くらいしかないけど、大丈夫ですか?」の質問にも「はい、大丈夫です!!」と言ってくれたので急いで頑張って5階まで行きました。笑

プラネタリウムに行きたがってた長女でしたが、当たり前ですが、時間もなかったため行けず。来年またこのような機会があればリベンジしたいですね。けど素敵な星座のしおりもいただいたので満足そうでした。美術部と科学部の作品も素敵でした。本当に2、3分しか滞在できず本当に時間が無かったのが悔やまれたけど、限られた時間の中たくさんの刺激を貰った長女には、大きなプレゼントを頂いたことでしょう。

 

最後の最後正門で文化祭企画委員の生徒さん二名とお話をする機会が。

長女が恥ずかしそうに黙ってしまって時間も無い中だったので母が代わりにお話をすると生徒さんたちがとてもうれしそうに聞いてくれて、そして「さっきいましたよね!」と私たちのことを覚えてくれてて、終いには「私たち待ってるね!!」と長女に優しく声をかけてくれて本当に感無量でした・・

傍で聞いていた教師も終始笑顔で見守ってくださって本当に何から何まで素晴らしく、最後まで気持ちよく過ごせることができました。

恐れ多いと思いつつ・・念願の桜蔭学園の文化祭でしたが、自分の目で見て体感できたこと、本当に良かったです。長女もいい意味で桜蔭学園に裏切られたようでした。なんなら行きたいとまで!

 

その前に長女よ、成績を上げないと太刀打ちできないぞ・・と言いたかったところでしたが、その日だけは夢を見せてあげようとグッと堪えたのはここだけの秘密ということで・・笑

 

ただ一つだけ。生物部確かに素晴らしかったですが、某共学校の生物部が圧倒的に素晴らしすぎてどうしても物足りなさを感じてしまいました。それでも映像作品は流石でした。(すみません、上から目線で・・)

 

本当にこんな素晴らしい学校が存在するんだな・・と実感。

現代はSNSがメインなところもあり良くも悪くも色々と話題が入りがちですが、やっぱり自分の目で見て聞いて、体感することの大切さを改めて感じた一日でした。

【今週のお題】二種類の手帳と三種類の自作手帳で落ち着きそう

今週のお題はてな手帳出し」というお題

今年も2023年手帳を購入しました。

ほぼ日手帳オリジナルとNOLTY エクリA5-4の二冊。両方日曜始まりです。

ほぼ日手帳のカバーは去年のを引き続き使い、カバーオンカバーは一目惚れでオリジナル本体と一緒に購入しました。能率手帳はレフトタイプのA5サイズで中学受験用です。

ちなみにスマホの手帳は使いません。完全アナログ派です(スマホの手帳は個人的になんか慣れなくて・・)。

 

後、自作手帳を作成中で、家事手帳と中学受験用二種類のスタディーノート(手帳)を用意する予定です。2年くらい前から自作手帳を考えてて中々実現できずにいましたが、来年には実現できそうな予感。スタディーノートはA4サイズと見開きA4サイズで現在作成中です。

 

以前は何も考えず月曜始まりを使ってたけど、長女の中学受験(四谷大塚のスケジュール)を機に日曜始まりが欲しくなり、けど日曜始まりの手帳って中々無い・・

ジブン手帳とかフォーマット大好きで今年使ってるけど、日曜始まり製造してなくてね・・だから最後まですごく悩んだけど購入に至りませんでした。

ほぼ日手帳も日曜始まりオリジナルのみ。本当はweeksのフォーマット大好きで毎年購入してたけど、日曜始まり無いので来年は見送りです。

日曜始まり結構需要あると思うんだけどなぁ・・ホント絶滅危惧種で悲しい。

 

そんなこんなで自作に落ち着きました。

ただ最初は好きなフォーマットにできるのを良いことに自分が書きたい項目を沢山入れて作成したらなんともまとまりのないフォーマットが完成。窮屈で見にくい仕上がりを見て「ち、ちょっと一回落ち着こうか・・汗」と、案の定欲張り手帳に・・笑

後に色々試行錯誤した結果、最終的にすっきりした手帳に仕上がりそうです。

 

にしても新しい手帳を手にすると“もう秋だなぁ・・”という気持ち。

今年も残り三ヶ月ちょっとですが、素敵な毎日を過ごしたいものです。

受験生の内に文化祭に足を運ぶ大事さよ・・

改めて塾無し中学受験体験記なんて大々的に謳ってしまったが、私受験勉強に対して全然関与していない気がしてきた・・汗

同じ境遇のブログを拝見するとみなさんちゃんとお子さんの成績や勉強に関して細かく書かれていて「お、おう・・(また場違いか・・)」と圧倒されてしまった母です。

日々スケジュールと教材管理はしているが、丸付けは夫婦でやる感じ。長女は出された課題を自らやっているだけで、ためになること発信できるかって言うと・・うーん、正直自信ないなぁ。勉強内容よりそのサポート云々だったらまだいけるかも・・なんて考えつつこうしてブログを書いています。

「とりあえず更新♪更新♪」と相変わらず呑気な母。まー悩んでも仕方ないしね(無駄にポジティブ・・)。

 

そうそう今週末桜蔭学園の文化祭なんです。我が家もミライコンパスとの戦いに打ち勝ちなんとか文化祭のチケットをゲットしました!

(ミライコンパスのあの戦いにはほとほと困った・・本気で吐くかと思った・・)

 

私立中高の文化祭とか何十年ぶりでしょう。

先週は某首都圏共学校の文化祭へ行きましたが、すごく盛り上がっててビックリでした。そこの中高のイメージが個人的にお堅い感じ・・を想像してたんですけど、女子高生らしき生徒さんはミニスカでネイル、メイクもしてて良くも悪くも衝撃的!そして可愛いの!!(可愛くてまじまじと見てしまった。生徒さん怖かっただろうな・・ごめんよ・・)正直大学の文化祭のようでしたし、今の私立中高の文化祭ってこんなに砕けた感じなの!?って思いました(正直私が知らないだけかもしれない・・汗)。

 

学校によって↑みたいな文化祭もあれば、作品の展示やレポート発表会が文化祭っていう学校もあるし・・本当学校によって色があるのねぇ。受験生の内に一度は文化祭へ足を運ぶのはとても大事だなと実感しました。

長女も「毎日学食行けるならここもいいねぇ~✨」って・・食いもんで釣られるなー!!母も毎日お弁当は辛いものがあるので学食は確かにありがたいけども。笑

ただ"砕けすぎやしないか・・勉強大丈夫か・・"と少々不安材料も。まーそこは授業見学とかで自分の目で確認しないとなんとも言えないよねぇ・・。

そんな感じで我が家の長女、受験生として初めての文化祭は無事終えることができまして。長女は女子校を希望している中、今回は共学校だったのですが「うん、別に悪くないね。偏差値どのくらい?」と言ってたので、印象は悪くなかった模様(あまり大きな声で言えないけど、男子が嫌で女子校を希望している)。「この学校の男子は嫌じゃない!」って・・どんだけ上から目線なんだー!!汗

と、それなりに大きな声で言うもんだから母ヒヤヒヤもんでしたが・・もう少し共学校に慣れてほしい気持ちもあるので、今後も機会があればまた足を運びたいと思います。

 

私と長女の本命桜蔭学園の文化祭、すんごく楽しみ!

“多分中学受験をしなかったら一生行くことはないだろうな・・”と思ってたくらいですしね。当日雨予報で少々不安もありますが、当日楽しんできたいと思います。

ここの主な登場人物(自己紹介)

母(ここの人)

30代 専業主婦

長期に渡り不安障害・摂食障害と向き合っていたが、結婚を機に少しずつ改善してきたかなと感じる日々。HSP気質で考えすぎてしまうタイプ。そして文章や声に出して伝えることが下手なためよく誤解をされる。リアルでは極力交友関係を持とうとはしない。所謂典型的な生きづらい人間。

 

自分の幼少期~思春期がよろしくなかったため、自分の娘たちには苦労をかけたくない一心で日々過ごしている。毒親と言われればそれまでだが、今だからここで言える・・子育てに関して誰にも相談ができず、一生懸命になりすぎて子供たちを厳しくし過ぎた幼少期をただただ反省している。

 

普段は呑気でズボラな母・・。

 

母、語彙力文章力皆無のため、場合によっては不快に感じたり読みづらいかもしれません。ご理解いただけると幸いです。

 

長女

2012年生まれ 小学4年生

家庭学習→スマイルゼミ→父塾→進学くらぶ

4歳から新体操と体操を始めたが現在は習字教室のみ習い事をし、普段は自宅で受験勉強をする毎日。体を動かすことは大好きだけど運動は少々苦手。けど手先は器用で工作や木工、簡単な刺繍なども得意。学校大好き友達大好きな基本人懐っこい性格だが、4年生に進級してから友達の仲裁役が多く色々貰い事故をしてるそうな・・。

呑気でマイペースなので中学受験に対して心配していたが、最近は少しずつ受験生としての意識が根付いてきたかな・・という印象。そして鋼のメンタル(長女のタフさに何時かポキっと折れないか母は少々心配・・)。

 

次女

2014年生まれ 小学2年生

家庭学習→スマイルゼミ・はなまるリトル(四谷大塚の教材)

4歳から新体操を始めるも1年で辞める。その後習字教室に入室し今年から体操教室にも通っている。先天性心疾患持ちなのに家族で一番の運動神経の持ち主。乳幼児からケガが絶えず何度も病院のお世話に・・そんな次女なのでアウトドア派かと思いきや学校から帰ってくると友達と遊ぶことなくお家で過ごすことが大好きな超インドア派。そして案外ドライな性格・・。将来は医者か獣医師を目指しているとか。よくケンカをするけどお姉ちゃんが大好き。

 

40代 会社員

毎日夜遅くまで働くサラリーマン。こんな私と結婚してくれる人はこの人しかいないだろうってくらい私がどんな状況でも一緒にいてくれた人。良きパートナー

 

ルカ♀とピー♂

2021年に念願のセキセイインコさんをお迎えしました!

 

 * * *

 

以前noteを興味本位でやってましたが、中々続けられず放置状態に。

そもそもクリエイターじゃないし、何か作品になるような物も無かった・・正直場違いだったかもしれない・・汗

何か発信するにもなんか気が張ってできずのらりくらりしてましたが、もう少し気軽に発信できるブログの方がいいかなと思い開設しました(いつでも戻れるしね)。

 

中学受験体験記をメインに、普段のことや趣味、息抜き(雑記)など書いていきたいなと。慣れるまで時間がかかるので、まずゆるーく発信することが目標です。

どこにでもいるごく普通の一般家庭ですが、子供たちを支えつつ家族で中学受験を乗り越えられるようバックアップ頑張ります🌸

遥か昔にやってたなぁ・・

私が20代、ブログ全盛期だったあの頃。あちこちでブログが流行っており、私もその流れの一人でした。そんな私も恋人ができ妻となり、今では小学生の子を持つ二児の母です。

 


時の流れは早いなぁ・・と感じつつ久しぶりにブログを始めてみました。

きっかけは長女の中学受験。まず手始めにTwitterアカウントを作り様子を見るところから。本格的にTwitterを使い始めたのが約二ヶ月前。そして本日ブログを開設。タイトルの通り、塾無し中学受験がメインのブログです。

中学受験と言えば"中学受験=通塾"が当たり前の世界ですが、母と娘は自由気ままで呑気な気質・・母は運転免許を持っていないので送迎もできない、というより長女が通塾を嫌がっている・・。また習い事もやっているし、ただでさえ夜は疲れて娘の集中力が持たない・・そんな状況の中、塾無しで中学受験は可能なのか!?できることなら塾無しで中学受験を成功させてあげたい。ただ夫も私も中学受験未経験者・・。

そんなハンデがある状況下のため正直どこまでいけるかわかりませんが、夫婦で中学受験対策をしながら一緒に成長し、そして娘を応援していくそんなブログです。

 


"通塾だけが全てではない。みんながみんな同じとは限らない。その子その子に合った学習方法があり、その一つとしてこんな方法があるんだよ"というのを伝えていけたらいいですね。

温かく見守っていただけると幸いです(応援&共感大歓迎!)。そして少しでも参考になれば嬉しいです。

よろしくお願いいたします。